家でのんびりと 4

休みの日に家で過ごすのに『ジグゾーパズル』に挑戦してみませんか?

今や『ジグゾーパズル』の種類も豊富で
平面だけでなく3Dパズルもあります。
平面パズルもキャラクターや絵画などさまざま。

ピースも幼児が遊ぶ少ないピースから
大人が楽しむ百ピース~千ピースの大作まであります。

『ジグゾーパズル』は右脳にイメージ力と直感力を鍛える効果と
手を使うことによる脳の活性化が期待されています。
認知症の予防にも使われているそうです。

『ジグゾーパズル』の歴史をご存知ですか?
『ジグゾーパズル』は英語でjigsaw(糸鋸・いとのこ)のことで
木の板を糸鋸で切ってパズルが作られたそうです。
1760年頃のイギリスの彫刻師ジョン・スピルズベリーが
考案したといわれています。
彼が作ったパズルは地図のジグゾーパズルで
国境を境目にして国と国とをくっつけるものでした。
よってイギリスでは地理の教育現場でたいへん人気があり
1800年代までは教材として使われていました。

今の紙の『ジグゾーパズル』は1800年代の終わりごろに出回りましたが
かなり高価なものでした。1900年ころになり安価なものが出回り、
教育現場の教材から遊びとしての『ジグゾーパズル』になりました。

日本では1970年代に輸入され
1974年名画「モナリザ」の『ジグゾーパズル』が売れ
日本でも『ジグゾーパズル』のブームがきました。

家で子供と簡単なパズルをするのもいいし
ひとりで根を詰めない程度に大作を組み立てるのも
いいのではないでしょうか

ちょっと一人になる時間をもって
頭をすっきりさせてみるのもいいかもしれませんね
[PR]
by menori2502 | 2009-02-10 11:29